スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fryderyk Franciszek Chopin





誰もが、知っている音楽家
ショパンさんです。

a63a0ed371d731c82181adc797568a60.jpeg


私がクラシックにハマったのが、
このショパンさんの革命のエチュード

正式名称
練習曲ハ短調作品10-12(仏: Étude op.10 nº12 英: Etude Op.10,No.12)

私は、革命のエチュードっていわれないとわからないですけどね(^_^;

私、ピアノ引けないけど
この曲は、レベル高そうですね

左手が、忙しいとか

クラシックは、曲もすきなんですけど
楽器も好き

私の好きなシンプルで迫力が、ある!!
なのですよ

ピアノ習いたいなぁ

ショパンといえばこの曲も有名ですね
幻想即興曲

ショパン自身は単に即興曲と題したのみであった。ショパンは「自分の死後、この楽譜を燃やして処分して欲しい」と頼んだが、フォンタナが遺言にそむいて公表したとも言われる。
ショパンがこの曲を生前公表しなかった理由については、諸説あり定かではない。冒頭部分(7-8小節)がベートーヴェンのピアノソナタ第14番「月光」第三楽章のカデンツァ(189小節)に非常に似ていることを気にした、本人にとっては失敗作であり気に入らなかった、などが考えられている。Wikipediaから

確かに少し似てるかなぁ感じましたね
しかし即興曲らしい感じの整っていない感じが、あるので
私は、いいと思います。

ベートーベンも好きですけどね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nello

Author:Nello
勝手気ままなとこがありますが、気にしないでくださいね

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。